トップページ > 弁護士か司法書士、どっちがいいの? > 弁護士か司法書士、どっちがいいの?

弁護士か司法書士、どっちがいいの?

任意整理に於いて公的機関の強制力の代わりとなる弁護士や司法書士。
では、債務整理を行う時、一体どちらに頼むのがいいのでしょうか?

実は、
司法書士が借金に関する交渉権と簡易裁判所の訴訟代理権を認められるようになったのは、
平成15年4月。

割と最近の事なんです。

しかしそれによって、
一定の条件の借金なら債務整理手続きを弁護士だけではなく、
司法書士にも依頼が可能になりました。

その一定の条件とは『140万円以下の借金』と言う、実にざっくりとしたものでした。

ざっくりしすぎている為に、
140万円とは一体どこまでの金額を指すのかが分からず、問題になった事もあります。

現在は、140万円以下か否かは債権者ごとに判断するのではなくて、
貸金業者1社あたりの借金額で判断されますので、
1社あたりの借金の総額が140万円以下の場合は司法書士でも弁護士でも交渉が可能です。

と、言う事で、司法書士に依頼するか弁護士に依頼するかの決め手となるのは
「借金の総額が140万円を超えるか否か」と言うところにかかってくるようです。

明らかに借金の総額が140万円を下回っている確証があるのなら、
依頼費用が高くつく弁護士よりも比較的費用の安い司法書士に依頼する方がメリットがあります。

それ以上の金額になってくると弁護士しか選択肢はなくなりますが、
多くの人は1社あたり140万以上の借金と言うのはしていないケースが多いと思いますので、
基本的にはまずは司法書士に相談するのが良いと思います。