トップページ > 任意整理の大雑把な流れ > 任意整理の大雑把な流れ

任意整理の大雑把な流れ

任意整理の大まかな流れを説明したいと思います。

その前に、そもそも『任意整理』とは何なのでしょうか?

任意整理ってなに?

任意整理とは裁判所などの公的機関を使わずに、
債務者と債権者が私的に話し合いをすることで、
借金の減額、利息のカットなどの返済方法を考えて、和解を勧める手続きの事を言います。

当然、あくまで任意であるため、
債権者には話し合いに応じる義務はありません。

また、整理の後に残った債務を通常であれば3年〜5年で支払っていくことになりますので、
将来的にそれなりの収入が見込めることが条件になります。

しかし、利息の引きなおし計算をした時、残りの借金がマイナスになった場合
(借りたお金よりも支払い額が上回っている場合)には、
業者に対して払いすぎたお金を返還請求する事も出来ます。

任意整理の大雑把な流れ

任意整理の大まかな流れは、以下の通りです。

その一 債務整理の方針を決めて弁護士に委任しましょう。

前述の通り、任意でのことですので、
債務者だけで話し合いを進めようとすると応じない業者も出てきます。

ですので、なるべく弁護士や司法書士の方にお任せするのがいいでしょう。

また、状況によってその場で「破産」か「任意整理」か決まらない場合も出てきます。

概ね3年間で返済可能とならなければ任意整理は難しいようなので、
債務額と返済能力のバランスを見極めた上で「破産」か「任意整理」かを決定します。

その二 債権者へ「受任通知」を発送。

方針が決まり弁護士と委任契約を済ませたら、弁護士が債権者へ「受任通知」を送ります。

これは債権者へ専門家が介入した事を知らせる通知であり、
この書類によって債権者は請求や取り立てが出来なくなるので請求も止まります。

その三 債務者の取引経過の開示と債務の確定。

債務者の今までの返済状況についての経過や、
利息制限法に基づき債務の引き直し計算をします。

その四 返済案の交渉。

利息の引き下げや返済額の減額など、和解案を提示して債権者と交渉します。

和解は一ヶ月や二ヶ月で簡単にまとまるとは限りません。気長に和解成立を待ちましょう。

その五 和解成立。

その六 返済開始。

債権者との和解が成立したら、和解案に従って借金を返済していく事になります。

返済金を弁護士へ送金し、債権者へ返済してもらう方法もあるようですが、
手数料がバカにならないようですので、
出来る限りは自分で債権者へ返済した方がいいでしょう。

これが、「任意整理」の大雑把な流れとなります。