トップページ > 過払い請求ってなに? > 過払い請求ってなに?

過払い請求ってなに?

ここでは過払い請求について、簡単に説明したいと思います。

過払い請求とは過払い金の返還を請求する事を言います。

過払い金とは読んで字の如く、
金銭消費賃借の返済において払いすぎたお金の事を言うのですが、
特に利息制限法の定める利率を超える高利の借り入れをした借主が、
本来払わなくてもいい金利を払っていたために、発生したものです。

では何故、過払い金が発生するのか。それにはちょっとしたカラクリがあります。

本来、金銭消費賃借の利息は利息制限法というものによって、
元本(借りたお金)が10万円未満の場合は年利20%、
10万円以上100万円未満の場合は18%、
100万円以上の場合は15%と制限が設けられていて、
これを超える部分は無効となります。

無効となった利息は元本へ充当されます。

しかし、現実問題として消費者金融業者による貸付けは、
制限利率を超える利息になっていることが多かったのです。

何故かというと、出資法に定められている年利の29.2%を超えない限りは、
刑事罰に問われなかったからです。

このように、利息制限法の利率を明らかに超えているけれど、
出資法には違反していない範囲の利息をグレーゾーン金利といいます。

これが、過払い金を発生させるカラクリです。

しかし、2006年1月の国会に於いてグレーゾーン金利は廃止となり、
同年、みなし弁済を否定する判決が出た事によって、
貸金業者は金利の見直しを迫られる事になりました。

そして、今までグレーゾーン金利で返済をして既に完済した人や、
返済を継続している人などは利息制限法に基づき引き直し計算をして、
発生した過払い金の返還請求が出来るようになったのです。

これが過払い請求です。